MENU

介護の給料

これから日本は高齢化社会に進んでいくので、介護の仕事を行う人が増えることが望ましいですが、どれぐらいの給料をもらえるのかが、気になる方もあるでしょうね。
施設で正規職員の介護福祉士として働いていた場合の月給は、一般的に15〜17万円前後というのが多く、年収だと250万〜400万ほどになります。
月に何回かの夜勤があり、土日祝日に出勤しなければならないこともあるため、肉体的や精神的にもタフな人でなければ勤まりません。
介護の給料は、資格があるかないかによっても変わってくるので、少しでも多く得たいなら、働きながら資格を取得し、資格手当をもらうようにしましょう。
たとえ基本給が安くても、休日出勤や、夜勤手当、資格手当などがプラスされると、月給が大幅にアップするので、やりがいのある仕事だといえます。
この業界は、仕事が辛いわりに、給料が少ないため、転職者が多いですが、35歳を過ぎると転職しにくくなるので、よく考えてから決めるようにしてください。
この業界は資格さえ手に入れば、いくらでも転職先が見つかるので、別の職場に移るなら、早めに行動に移すことが大切です。
介護求人サイトから探せば、条件の良いところが見つかるので、転職したいときはチェックするようにしましょう。

介護に必要な資格は

介護士を目指している人は必ず資格が必要となってきます。最近では求人においてアルバイトの場合はほとんどのところが未経験でも働けるといった募集をしていますが、正社員となると最低限の知識を身につけなければいけません。それが介護福祉士です。こちらは国家資格となり、就職や給料が高額だったり何かと有利です。
仕事の内容は日常生活においてあらゆる行動が1人では困難で誰かの助けいる高齢者や、身体的・精神的に障害のある人などを対象としてお世話をします。日常生活というのは簡単に言うと主に食事や入浴・排泄などがメインとなってきます。また生活の手助けだけではなく、対象者のご家族など周囲でお世話をしている人に対してこれからどのような対応が適切か相談に乗ったり、アドバイスをしていくメンタルケアも行います。これらを簡潔にまとめると身体的・精神的介護をしながら、社会的支援を行う仕事となります。
ちなみにホームヘルパーは公的認定資格で、たとえ同じ内容の仕事をしても給料や待遇に差が出ます。その理由としては養成研修を受ければ誰でもホームヘルパーとなれることからきています。少しでもキャリアアップを目指すのであれば介護福祉士を取得することをお勧めします。

介護施設求人
介護でも介護施設で働きたいという方もいると思います。
介護の施設で働きたいという方はこちらの介護施設求人を参考にしてみてください。

更新履歴

相互リンクダイレクト 心の童話 闇金融解決